埼玉熊谷の手作り石けん自宅教室プチラパン。出張講座も可能です♪

オリーブオイル等で作る素晴らしい使い心地の手作り石けん (コールドプロセス製法)♪  (一社)HSA認定講師が丁寧にレクチャーさせて頂きます。                             ご一緒に効能を肌で感じたり、デザインを楽しみませんか*   お問い合わせ・お申込みは、  y_shima@hotmail.co.jp

アメリカンソーパーさんとの会話・小豆色ってエキゾチック!

azuki honey

アメリカンソーパーグループのお話です。

ある日、私は画像の小豆蜂蜜石鹸を投稿してみました。

そしたら、「小豆」への興味と、この「小豆色」への興味で、投稿してすぐにたくさんのいいね!を押して頂きビックリしました。

そのグループは当時2000人くらい参加していて、だいたいいつもすごく多くて300いいね!くらいでした。

そして小豆石鹸へのいいね!は200くらい頂き・・・@@

「濃い紫色なの?薄いチョコレート色なの?」という色のコメントがたくさんつきました。

日本人としたら「小豆色」で通じますが、アメリカでは通じないので、

「紫色とチョコレート色を足したような渋い色です」って答えたら、大反響・・・!

まず、アメリカにそのような色が(当時?)存在していなくて、

しかも天然のお肌に効能まである食べても体に良い、自然のモノから

私の言い方「紫色とチョコレート色を足した色」っていうのがものすごく興味深かったようで

その時に参加していた方が何人か一生懸命小豆パウダーを検索してました。

そして、一人の方が、「小豆パウダーみつけた!」と言い、

From Nature With Love というアメリカで有名な手作り石けん・化粧品材料店サイトで小豆パウダーを見つけました。

(すみません、今このお店で小豆パウダー探してみましたが見当たりません^^:)

が! 小豆色ではなかったんです!!! 

真っ白の粉で、でも確かに「Adzuki (もしくはAdukiという表記だったかな?記憶が定かではないけど、日本語には読みにくい表記だったことはよく覚えてます)」と書いてあり、日本で古くから使われて食べられている、と説明が書いてありました。

なぜ真っ白?なのか不明なんです・・・(漂白済み??)

で、別の方が、「以前お隣に日本人が住んでいて、この画像石鹸の色に似た赤紫色の豆でものすごく美味しいスイーツを作ってくれた。もしかしたら小豆かしら?」と聞いてきました。

赤紫色の豆でおいしいスイーツ・・・ぜんざいかおしるこ? 赤紫色の豆って段階でほぼ小豆だよな。。。と思い、

たぶんそうだと思います。と答えました・・・^^

で、サンフランシスコの方が、サンフランシスコには大きな日本食マーケットがあり、小豆は売られているけど、パウダーはない、小豆をミキサーにかければパウダーになるか?と質問してくれて、

私が答える間もなく、別のアメリカ人さんが、「うちに小豆があるけど(家にあるってすごっ!)ものすごく固いからミキサーが壊れると思うわ」と回答してくれました(笑)

その日は、小豆、ヒーローでした 笑

あと、この画像の蜂の巣型シリコンシートにも興味持つ方が多くて、

アメリカ人はいつもプチプチで蜂蜜石鹸作るから飽きてきた。こういうの欲しい。というコメントがちらほら・・・^^

そしたら翌日、プラスチックみたいので作って投稿した方がいたんです!驚!

***************************************

*現在募集中の手作り石けん講座*

いつからでも始められる!カルチャーセンター鴻巣or深谷のレッスン

お申し込み・お問合せは、こちらのメールまでお願い致します。
y_shima@hotmail.co.jp

2月まで自宅レッスンはお休みさせて頂きます。すみません。詳しくはコチラをご覧ください。


ブログランキングに参加してます
応援お願い致しますm( )m

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村

クリックして頂きありがとうございます!
ブログ更新の大きな励みになっています♪


スポンサーサイト
  1. 2015/01/10(土) 16:50:32|
  2. アメリカンソーパーさんの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ピーコックスワールをさらにアレンジした技法の動画 | ホーム | マーブル模様を綺麗に出すレッスン~カルチャーセンター深谷教室~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yukopetitlapin.blog.fc2.com/tb.php/272-ded059fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)