埼玉熊谷の手作り石けん自宅教室プチラパン。出張講座も可能です♪

オリーブオイル等で作る素晴らしい使い心地の手作り石けん (コールドプロセス製法)♪  (一社)HSA認定講師が丁寧にレクチャーさせて頂きます。                             ご一緒に効能を肌で感じたり、デザインを楽しみませんか*   お問い合わせ・お申込みは、  y_shima@hotmail.co.jp

ぷっくりフワフワのお好み焼の作り方♪

okonomiyaki

ブログでは初めての手作り石けん&化粧品以外のネタです!

先日、息子が「すイエんサー」という教育テレビを見ていました。

子供向けのゆるい科学番組なんですけど、

今回は、「お店のような美味しいぷっくりフワフワのお好み焼を作る方法」でした。

うわぁぁぁ、これ録画しとこうっ♪という私の決定は間違えていませんでした^^

(この日まで、お店のお好み焼を家で再現するのは無理だとあきらめていました・・・)

本当にぷっくりフワフワのお店のお好み焼が再現できたのでシェア致します~♪

(画像が作ってみたお好み焼。分かりやすいようにソース類をかける前の焼きたてのお好み焼です♪通常作ってたお好み焼の2倍くらいのフワフワになり、味もすごく美味しかったです^^ 息子が大人2人前食べちゃったくらい・・・!)

材料 (1人分ということですが、うちはこの2倍で1人分かな・・・^^:)
薄力粉 50g
だし汁 50cc
天かす 3g
卵 1個
キャベツ 70g 
豚バラ肉 3枚

① キャベツをみじん切りにして冷蔵庫で1時間ほど冷やす。
 (みじん切りにしたことで出てくる水分を飛ばすため、とのこと☆)

② 卵を黄身と白身に分け、白身を泡立ててメレンゲを作る。
 ※ メレンゲを作る時は、砂糖を一つまみ入れると泡立ちやすくなる、とのこと☆

③ だし汁の中に薄力粉を加え、軽く混ぜて生地を作る。
冷やしたキャベツの上に軽く混ぜた生地、メレンゲ、黄身、天かすをかけ、軽くなじませる。 
注; 決して、よーく混ぜてはいけません。よーく混ぜると空気が抜けてビチャっとした仕上がりになってしまいます。
 ※ 具材を混ぜる時にスプーンを縦に刺すように入れてザクザクザクザクとやったらクルッと下からすくいあげるようにしてひっくり返す・・・この作業を7回くらいするだけで生地により空気が入ってフワフワぷっくりになる、とのこと☆ 

④ フライパンに生地を流し、約2センチの厚みになるように広げて、中火~弱火で3分焼く。

⑤ 生地の上に豚バラ肉を並べ、ひっくり返して、フタをして弱火で3分焼く。
 ※ フタをすることで生地から出た水分で蒸すことでフワフワになる、とのこと☆

⑥ ひっくり返して、さらに軽く1分焼く。

余談・・・このお好み焼を作る時、石けんをとってもたくさん作った後でして、、メレンゲを作るのが本当に苦痛でした(笑)
(泡だて器でひたすらグルグルに疲れていた(笑))
息子が、グルグル大好きで(もちろん石けん作りはやらせていませんが)
今回のメレンゲは息子の力作でした (笑)

本当に美味しかった! 夫も息子もとても気に入り、近々また作る約束をしました~

すイエんサーという番組は、ゆるい作りですが、結構ためになる番組でして、

って、ここまで書いておいて、こちらのすイエんサー ブログにもレシピが公開されていました 汗
(でも、私のほうがちょっとだけ(笑)科学的説明が多いかな(笑))


ブログランキングに参加してます
応援お願い致しますm( )m

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村

クリックして頂きありがとうございます!
ブログ更新の大きな励みになっています♪


ブログランキングに参加してます
応援お願い致しますm( )m

埼玉県熊谷市 ブログランキングへ




※ ただいまコメント欄は閉じさせてもらっています。
  お教室へのお問合せ・お申し込みは、こちらのメールにお願い致します。
  y_shima@hotmail.co.jp












スポンサーサイト
  1. 2014/06/30(月) 16:48:54|
  2. 美味しいもの
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://yukopetitlapin.blog.fc2.com/tb.php/169-f11e5c7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)