埼玉熊谷の手作り石けん自宅教室プチラパン。出張講座も可能です♪

オリーブオイル等で作る素晴らしい使い心地の手作り石けん (コールドプロセス製法)♪  (一社)HSA認定講師が丁寧にレクチャーさせて頂きます。                             ご一緒に効能を肌で感じたり、デザインを楽しみませんか*   お問い合わせ・お申込みは、  y_shima@hotmail.co.jp

ランドリーリキッドソープをお安く作る*ホットプロセス法で

今日は涼しいけれど、昨日は本当に暑い関東地方でした。

暑くなると、必然的に増える洗濯物。。。

最近、息子は園で毎日のように川遊びをしているようで靴の汚れも半端なく

しかも靴がドブのようなすごい匂い・・・

この靴も、作ったランドリーリキッドソープできれいになり匂いも完全ではないけどだいぶ薄くなることが判明^^

靴を洗ってみて、やっぱりキャノーラ+ひまし油では泡立ちが悪いなぁと思い

今度はキャノーラ+ココナツオイルで作ってみました。

チモシーさんのブログを参考にさせて頂いています。チモシーさん、本当に助かっています。ありがとうございます!!!!

すぐに使いたかったので、ホットプロセス法で。

ホットプロセス法で作る際は、火を2時間くらい使うので、まとまった時間が最低3時間は取れないと、なのですが。

こんな感じで作ってみました ↓

材料 (1500バッチ)
キャノーラ油 1350g (ちょうど1350gで売られているのでこれを量るのが省けてイイです)
ココナツオイル 150g (10%)
水道水 450g (ホットプロセスだから30%にしてみた)
苛性ソーダ 207g (ディスカウント0%)

まず、苛性ソーダ水溶液を作ります。(温度調整ナシ)

鍋に油を入れ苛性ソーダ水溶液を入れ、ブレンダーで攪拌。

hot tane

トレースが出たところ。だいたい20~30分くらい。
(休み休みやらないとブレンダーの振動で手が痛くなります・・・><)

フタをして鍋ごと火にかける。
30分ごとにヘラでゆっくりかきまぜる(熱が石けんタネ全体にいきわたるように)
合計2時間加熱します。30分おきのかき混ぜを忘れないように・・・

タネが透明になりマッシュポテトのようになります。
そしたら火からおろします。
hotprocess

すぐに使用できます。少し冷ました方が火傷の心配もないです。
出来上がったばかりのタネ(柔らかい状態)水で3~5倍(すみません、適当です)希釈して12時間後には完全リキッド状態になっていました。
2倍くらいだと、タネが水に溶けるのに時間がかかります。

余りのタネは耐熱のタッパや型に入れます。
このタネ 乾燥させると固くなります。
柔らかいタネの方が水に溶けるのが早いので、
私は、密閉型の耐熱タッパに入れました。

こんな感じなんですが、

やっぱりココナツオイルの方が泡立ち、泡持ちが良いです。
でも10%だと、やっぱり控えめです。
20%くらい入れると泡立ち良くなりますが、その分コストもかかるので
私は、コストを考えて、上のレシピでずっと作っていこうと思います^^

ちなみに、キャノーラ油はうちの近所の安いスーパーで1350g税込308円です。

ネットで一斗缶とか検索しましたが、何せ油、重いので送料が高く、

スーパーで落ち着きそうです。

そんなこんなの私の「激安だけど使える!リキッドソープ生活(笑)」

ですが、どこかツッコミどころがあったら教えて下さい^^

ブログランキングに参加してます
応援お願い致しますm( )m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村
クリックして頂きありがとうございます!
ブログ更新の大きな励みになっています♪

スポンサーサイト
  1. 2014/05/15(木) 11:18:14|
  2. リキッドソープ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ティーカップの石けん | ホーム | カラフル*リキッドソープ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yukopetitlapin.blog.fc2.com/tb.php/131-3fdb01a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)