埼玉熊谷の手作り石けん自宅教室プチラパン。出張講座も可能です♪

オリーブオイル等で作る素晴らしい使い心地の手作り石けん (コールドプロセス製法)♪  (一社)HSA認定講師が丁寧にレクチャーさせて頂きます。                             ご一緒に効能を肌で感じたり、デザインを楽しみませんか*   お問い合わせ・お申込みは、  y_shima@hotmail.co.jp

キャノーラ&苛性ソーダでお安くランドリー・リキッドソープを作りました!

キャノーラリキッド

りんごジュースのビンの液体。

色はまさにリンゴジュースですが、コレ、キャノーラ油と苛性ソーダで作ったリキッドソープです!

チモシーさんのブログで見て、コレはいい!!と思い、チモシーさんに了解を頂いてリンクさせてもらいます↑

このリキッド、作り方はめっちゃ簡単で、

キャノーラ油90%、ひまし油10%(チモシーさんのレシピでは泡立ちに違うもの使われていましたが、うちはひまし油がたくさん残っていたので、泡立ちの為に使ってみた)

苛性ソーダは、けん化率100%で、

水分は25%、

あと、うちに余ってたハッカ油を入れてみました。

どうせリキッドにしちゃうから、気泡が入ろうが気にせず、ブレンダーのみで攪拌。


早く使いたかったので、保温して、5分の1ほどだけをCPOP(コールドプロセス・オーブンプロセス)でオーブンへ。

で、固形をスライスして、ビンに入れ、お水につけておいた。

そして、約24時間後、画像のようにみごとリキッド化成功~!!!

やっぱりキャノーラ油は水に溶けやすいのですね。

pHも10とイイ感じでした。



なぜ、このリキッドを作ろうと思ったのかというと、

うちの息子の園が、泥んこ裸足保育でして、もう最近は暖かくなり、

毎日の泥まみれ洗濯ものが、上下各5枚ずつくらい、

夫も脂性肌で汗っかき、朝夜風呂で洗濯物が倍となり、

今まで作って使ってた石けん残りを溶かしたものが足りなくなってしまったのと、

今までのその石けん残り溶かしたものだと、どうしても溶けきれない石けんも混ざってて、

洗濯するのがちょいとやっかい、だったから、です。

何より、息子はアトピー肌なので、合成洗剤は使えなくて、

市販の洗濯石けんは、特にリキッドは高い!! から、です。

そんなら、最初から苛性カリでリキッド作る?とも思ったのですが、

苛性カリ自体が高い!のと、苛性カリリキッドには無水エタノールを結構な量使うので、

これまた高くつく。

苛性カリリキッドは、ボディーシャンプーやボディーソープとしては大好きな使い心地なので、

あくまでもお風呂専用に優雅な気持ちで使おうと分けて考えました。(何より金銭的に(笑))


この苛性ソーダDEキャノーラリキッド、良く汚れが落ち、完全リキッド状で使いやすく、

何よりも、本当に安く作れる!!!

あと、洗濯ものが柔らかく仕上がり、柔軟剤もいらない感じです。

(というか、アトピーの息子に柔軟剤は使えない)

今回ひまし油入れましたが、食器洗いしていて気づいたのが、

泡立ちは良いのですが、泡持ちがちょっと悪く、早く泡立ちが消えてしまいます。

なので、次回からは、キャノーラとココナツオイルで作ってみようと思います!

ココナツオイルの方が断然安上がりだし、ココナツオイルって水にもよく溶けるんですよね。。。泡持ちも良いだろうし!

1500バッチで作った固形石鹸で10リットルくらいのリキッドソープが作れるので、
(私はケチって結構薄めています(;^_^A
あと半月ぐらいしたら、今度は完全CPでココナツオイル入れで作ろうかな♪



素敵なランドリー&キッチンソープを快くシェアして下さったチモシーさん、

本当にありがとうございました!

私も、キャノーラ油1斗缶買いを真剣に考えています(笑)





スポンサーサイト
  1. 2014/05/05(月) 12:01:34|
  2. 手作り石けん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブルーマーブル*ソープとブルー肉球石けん~生徒様の作品~ | ホーム | ベネチアン・スワールの石けん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yukopetitlapin.blog.fc2.com/tb.php/121-ba4450da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)